マタハリ クタ・スクエア店

Matahari Kuta Square

閉店・移転、情報の修正などの報告

クタ滞在には欠かせない日用品からお土産まで何でも揃うクタ・スクエアのデパート「マタハリ」。他を外しても、ここだけは決して外してはいけません!

こんにちは、バリ島ナビです。観光の島バリにあって、世界中の人々の訪れる場所として常に賑わいを見せるクタ。サンセットの美しいビーチあり、夜遊びスポットあり、買い物スポット山ほどあり!のクタ・エリア。その中心となるのが「クタ・スクエア」。クタ・ビーチから徒歩5分、クタ・スクエアの北側に走るパンタイ・クタ通りには両側ビッシリとショップが並び、南側に伸びるカルティカ・プラザ通りにはリゾート・ホテルが立ち並びます。パッケージ・ツアーに組み込まれているホテルもクタ周辺のものが多くありますよね。そんな見どころい~っぱいのクタの中心に位置する「クタ・スクエア」のさらに中心となるのが「マタハリ クタ・スクエア店」。今日はその「マタハリ クタ・スクエア店」をじ~っくりとご紹介しましょう!
まずはパンタイ・クタ通りからクタ・スクエアに入ります。角のKFC(ケンタッキー)が目印。クタ・スクエアにはブティックや雑貨屋さん、レストランやインフォメーション・センターなど、旅行中に必要なありとあらゆる施設が集中しています。「マタハリ クタ・スクエア店」はそのクタ・スクエアの丁度真ん中あたりに位置しています。デパート内に入る手前のスペースには怪しげな時計やディスク類、それにシルバーやら何やらごちゃごちゃ~っと売られています。「マタハリ」に出入りするお客さん、このスペースで商品を見ている人に売り子さん、それにここで待ち合わせをしている人に客引きをしている人と、とにかくいつも人の山!さすがはバリで一番の観光地です。
人ごみをかき分けて、さっそく中に行ってみましょう。まず、ぶっちゃけて言わせていただきますと、この「マタハリ クタ・スクエア店」の心臓部は1F部分。4Fまでフロアがありますが、旅行中に必要なものはこの1F部分に全てあると言っても過言ではありません!フロアーのほとんどがお土産や工芸品、スーパーのエリアに占められ、それ以外にも薬局や書店、ファスト・フード店が入っています。

正面玄関から足を踏み入れると、まず最初に目につくのが今バリ島で大ブーム中(?)の「ドクター・フィッシュ」。今年に入ってからバリでも見かけるようになったのですが、「マタハリ」でもいち早く取り入れているようです。しかも、入ってすぐの1等地!観光客の方々も買い物がてらに試していらっしゃるようです。
そしてこの正面玄関からずーっと奥までがバリのお土産と工芸品のエリア。その品数たるや、圧巻!とにかくバリのお土産なら何でもここにあります。昔ながらの木彫りや絵画などのバリ土産から始まり、アロマ・グッズにバティック、食べ物系のお土産と、「どうだ、まいったか!」というくらいに揃っています。
これだけの品揃えがあれば「私ちょっとこのお店見てもいい?」「いいよ、でも俺は外で待ってるから」などということも起こらずに、「私買い物してるから、その辺で勝手に好きなもの見てて。」と、自分好みの品物を別々に物色することも可能。

そしてもう一つ嬉しいのは、外のお土産屋さんと違って「定価制」だということ。値段交渉をするのも旅の醍醐味。頑張って安くしてもらえると嬉しかったりしますが、それが面倒なこともありますよね。かなり安くしてもらったと思っていた品物が、案外相場の何倍もしていた…なんてこともよくあります。「アナタイクラ?アナタイクラ~??」と言われながら追いかけられたりすることもなく、じっくり買い物ができるのもデパートの良い所。
定番の木彫り各種。

定番の木彫り各種。

絵画もトラディショナルなものかたイラストっぽいものまでいろいろ。

絵画もトラディショナルなものかたイラストっぽいものまでいろいろ。

お祭りなどで使われるバリ版のぼりの「ウンブル・ウンブル」。

お祭りなどで使われるバリ版のぼりの「ウンブル・ウンブル」。

貝殻で作られたコースターやお皿。

貝殻で作られたコースターやお皿。

ココナッツのしゃもじ。お箸やお皿もあります。

ココナッツのしゃもじ。お箸やお皿もあります。

パラスという石を使った石像。大きさはいろいろ。

パラスという石を使った石像。大きさはいろいろ。

アロマ・グッズも豊富!

アロマ・グッズも豊富!

ビーズのポーチ。

ビーズのポーチ。

バリの絵皿。

バリの絵皿。

「バティック・クリス」も入っています。

「バティック・クリス」も入っています。

バティックのシャツとサロン。

バティックのシャツとサロン。

ポーチもいろんな種類が。

ポーチもいろんな種類が。

ココナッツ・ソープの種類もい~っぱい!

ココナッツ・ソープの種類もい~っぱい!

お土産用にラッピングされたモンゴ・チョコレート。

お土産用にラッピングされたモンゴ・チョコレート。

箱入りのバリ・コーヒー。

箱入りのバリ・コーヒー。

ローカル菓子やキャンディーも。

ローカル菓子やキャンディーも。

やみつきになるバリのピーナッツ。

やみつきになるバリのピーナッツ。

「I Love Bali」のバスタオルやTシャツもいろいろあります。

「I Love Bali」のバスタオルやTシャツもいろいろあります。

お土産エリアを抜けて、右に進むと、書店、ドラッグ・ストア、A&Wがあります。
車に乗るならほしいバリの地図。

車に乗るならほしいバリの地図。

サーフィンやバイクの運転には気を付けましょうね!

サーフィンやバイクの運転には気を付けましょうね!

A&W。この手前にチウン・ワナラ通りに抜ける入口があります。

A&W。この手前にチウン・ワナラ通りに抜ける入口があります。

そして滞在中に、お土産にと、何かと足を運ぶスーパー・マーケットも「マタハリ クタ・スクエア店」の中にあります。
まずはベーカリーが。

まずはベーカリーが。

トロピカル・フルーツもたくさん揃っています。

トロピカル・フルーツもたくさん揃っています。

バリ・コーヒーもいろいろ。

バリ・コーヒーもいろいろ。

ドリンク・コーナー。

ドリンク・コーナー。

ビール・コーナーには一番搾りも!

ビール・コーナーには一番搾りも!

お土産の定番ナシ・ゴレンの素。

お土産の定番ナシ・ゴレンの素。

インスタント麺もこんなにあります!

インスタント麺もこんなにあります!

サンバルやソース各種。

サンバルやソース各種。

スパイスはお土産にもなります。

スパイスはお土産にもなります。

可愛い入れ物に入った商品もいろいろあります。

可愛い入れ物に入った商品もいろいろあります。

ローカルのボディ・スクラブ。結構いいですよ!

ローカルのボディ・スクラブ。結構いいですよ!

石鹸、シャンプーなど。

石鹸、シャンプーなど。

1Fだけでもこれだけの品揃え!なのですが、2Fには衣料品をはじめ、バッグやサンダル、アクセサリーに化粧品などが売られています。
ローカル向け?のバッグやさん。

ローカル向け?のバッグやさん。

靴よりサンダルが主流。

靴よりサンダルが主流。

アクセサリーもあります。

アクセサリーもあります。

コスメ・コーナー。日本のものもあります。

コスメ・コーナー。日本のものもあります。

いつもディスカウント実施中のポロ。

いつもディスカウント実施中のポロ。

3Fは、衣料品のみ!インドネシアのローカル・ブランドの洋服なんかもあります。
4Fはタオルやリネン、テーブルウェアの他に子供用の衣料品やおもちゃのお店があります。
旅行中の滞在やお土産物探しには、1Fだけで事足りてしまうというものの、時には「化粧品が切れた!」「子供が飽きないようにおもちゃでも…」というような時、1か所でまとめて買い物が済ませられるというのは助かりますよね。日中は少し外を歩いただけでもじわ~っと汗がにじんでくるような暑さのバリ。クタ周辺やクタ・スクエアでのジャラン・ジャランやショッピングの途中に「マタハリ クタ・スクエア店」で、涼みながらも更に買い物をしてしまうというのも効率よし?お土産選びに困った時に立ち寄るもよし!旅行者の味方、「マタハリ クタ・スクエア店」をご紹介しました。
以上バリ島ナビでした。

記事登録日:2009-10-26

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-10-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供