ブラット・ワンギ

Burat Wangi

閉店・移転、情報の修正などの報告

バリ島のココナッツ・ソープの火付け役とも言えるナチュラルなソープは、こだわりが詰まった人気アイテムです!

アパ・カバール、バリ島ナビです!バリのお土産として人気の高い「ナチュラル・ココナッツ・ソープ」。現在ではバリの至る所で見かけ、様々なブランドがありますが、その先駆けとして登場し、今でも絶大な人気を誇る「ブラット・ワンギ社」のソープは、「MASACO石鹸」として日本でもブームを巻き起こしたことでご存知の方も多いのではないでしょうか。今日はその「ブラット・ワンギ」のソープをじっくりみなさんにご紹介したいと思います!

ブラット・ワンギへの行き方

「ブラット・ワンギ」はウブドの中心部から「マヤ・ウブド」へと向かうプリアタンのアンベンガン村に位置します。プリアタンの大通りからグヌン・サリ通りへ入り、人気ワルンの「マンガ・マドゥ」を過ぎ、少し進んだ先にある川を渡った右側にある黄色い車庫が目印です。この車庫の脇にある小さな田んぼ道を入って行くと、その先に「ブラット・ワンギ」はあります。
道路脇には「ブラット・ワンギ」の看板があります。

道路脇には「ブラット・ワンギ」の看板があります。

この小さな田んぼ道をテクテク歩いて工房まで。

この小さな田んぼ道をテクテク歩いて工房まで。

坂を登りきると、こんなのどかな風景が目に飛び込んできます。

坂を登りきると、こんなのどかな風景が目に飛び込んできます。

田んぼにはアヒルが。

田んぼにはアヒルが。

そして「ブラット・ワンギ」の工房が見えてきましたよ~!

そして「ブラット・ワンギ」の工房が見えてきましたよ~!

「ブラット・ワンギ」のソープはいくつかのスーパーマーケットやショップでも購入が可能ですが、工房の方が品揃えが豊富なだけではなく、この景色を楽しめるというのも大きなポイント!大通りからは5分少々のあっという間の散策がとっても気持ちいいんですよ~!
こちらが工房。

こちらが工房。

正面の田んぼの向こうには、サバ・ビーチが見えます!

正面の田んぼの向こうには、サバ・ビーチが見えます!

早速工房の中へ!

田んぼから吹き抜けてくる風と広々とした景色を満喫したら、早速工房の中へ入ってみましょう。1Fは工房のみのスペースになり、2Fに販売スペースがあります。こちらの工房では常時21種類以上のソープが販売されているのですが、陳列棚にないものでもスタッフに聞いてみると工房で確認してくれて、すぐに包装をしてくれたりするのも嬉しいところ。旅行者にも人気で、旅行会社のガイドさんと一緒にいらっしゃる方や、カーチャーターをして個人で訪れる方もたくさんいらっしゃるんですよ。

ブラット・ワンギについてマサコさんに詳しくうかがってみました

ナビも日本から友人が来たりするとよく「ブラット・ワンギ」の工房に来たり、自分用に、そして帰国の際にお土産用のまとめ買いにとよく来るのですが、今回は「より詳しくブラット・ワンギを知りたい~!」と思い、「ブラット・ワンギ」の臼井雅子さんにお話しをうかがいました。

昔から南の島のココナッツ・ソープに興味があったマサコさんは、「こんなにたくさんココナッツの木があるのに、なぜバリにはココナッツ・ソープがないのだろう…」と思い、結婚を機にバリで手作りココナッツ・ソープ作りを始められたそうです。当時はまだ日本にもインドネシアにも、ココナッツ・オイルを原料としたナチュラル・ソープの資料は全くと言っていいほどなく、ウブドで1軒しかなかったインターネットカフェで欧米から書籍を取り寄せたり、ミクロネシアのチュック島やグアムの有名なココナッツ・ソープ工場などを訪れては化学者の方々に会い、石鹸作りの知識を高めていったそうです。素晴らしい出会いもあり、ますます石鹸作りに没頭したマサコさんは、バリに戻ってからは日々いろいろな石鹸を作るようになりました。マサコさんの作った手作りソープが身近な知人などから評判となり、ウブドの雑貨ショップなどから委託販売の話がどんどん舞い込むようになりました。そんな経緯で日本の海外雑貨販売サイトで日本向けの「MASACO」石鹸ブランドが立ち上がり、ネット販売されたのがキッカケとなり、JALの機内販売や日本のデパートでの販売と、日本での人気もどんどん上がっていったのです。

そんなマサコさんの作る「ブラット・ワンギ」のナチュラル・ココナッツ・ソープですが、石鹸作りを始めた当初から一貫して「土地に根付いた安全な原材料を使う」「心を込めて、全工程手作業」「南の島のスーパーで気軽に買える良質なココナッツ石鹸」をコンセプトに、現在も変わらぬ思いで丁寧に石鹸作りをされているんです。

ブラット・ワンギのナチュラル・ココナッツ・ソープたち

それでは「ブラット・ワンギ」のナチュラル・ココナッツ・ソープたちをご紹介していきましょう。

メインのアイテムは19種類あり、良質のココナッツオイルをベースにした石鹸生地に、バリを代表するお花やハーブ、スパイス、穀類、糖類などを配合しています。特に4種類あるオレンジのエッセンシャルオイルを使用したソープが人気で、とっても香り高い!(同じ香りでも、使用感が違います。)「ブラット・ワンギ」では、石鹸に配合するハーブやスパイスを自社の畑で有機栽培するなど、なるべくインドネシア産の原材料を使っていますが、中にはバリで手に入らないものもあり、それらはフランスなどから輸入しているそうです。


Unscented Coconut Cream Soap
香料を加えていない、まるごとココナッツの石鹸です。ほのかにココナッツの香りがします。特に敏感肌の方にお勧めです。
(無香料)

Jasmine Coconut Cream Soap
インドネシアの国花である、美しいジャスミンのフレグランスを配合しました。優しい香りをお楽しみ下さい。
(化粧品グレードの香料使用)

Cananga Coconut Cream Soap
カナンガは20mまでに成長する木で、バリ島ではお供え物に欠かせない芳しい花を咲かせます。このエッセンシャルオイルは保湿性が高く、お肌を滑らかに柔らかくします。不思議な甘い香りはアロマテラピー効果が高く、精神のバランスを整えます。
(エッセンシャルオイル使用)

Peppermint Coconut Cream Soap
ペパーミントエッセンシャルオイルの清々しい香りで、お肌と気持ちをリフレッシさせます。抗菌性があり、にきび、吹き出物、老廃物の詰まったお肌に良く、抵抗力を高めます。
(エッセンシャルオイル使用)

Citronella Coconut Cream Soap
爽やかな香りの芳香性熱帯草木のシトロネラのエッセンシャルオイルは脂性肌を清浄にします。また、シトロネラは虫よけ効果もあります。
(エッセンシャルオイル使用)

Clove Coconut Cream Soap
抗菌性が高いクローブのエッセンシャルオイルを配合しました。インドネシアのたばこを思い起こす深く渋い香りが魅力です。特に男性にご好評をいただいております。
(エッセンシャルオイル使用)

Vanilla Coconut Cream Soap
ほんのりと漂うヴァニラの香りには精神の高揚を静め、精神のバランスを保つ働きがあります。
(化粧品グレードの香料使用)

Coconut Coconut Cream Soap
ココナッツミルクのフレグランスの甘い香りと柔らかな洗い心地の良さをお楽しみ下さい。
(化粧品グレードの香料使用)

Frangipani Coconut Cream Soap
甘い香りを放つフランジパーニ(プルメリア)のフレグランスを配合しました。南国の香りをお楽しみ下さい。
(化粧品グレードの香料使用)

Cempaka Coconut Cream Soap
バリ島のお供え物に良く使われるチュンパカの花のかぐわしいフレグランスとウコンを配合しました。ウコンに含まれるクルクミンにはメラニンの生成を抑える効果があり、 シミやソバカスを改善し白い素肌を生み出すといわれています。淡い黄色はウコンの自然の色です。
(化粧品グレードの香料使用)

Pink Frangipani Coconut Cream Soap

ピンク色のフランジパーニ(プルメリア)の香りを再現したフレグランスをお楽しみいただけます。毛穴の汚れを良く落とすフランス産のピンククレイを配合しました。可愛らしいピンク色の石鹸です。
(化粧品グレードの香料調合)


Orange&Honey Coconut Soap
特に敏感肌の方におすすめな、オレンジエッセンシャルオイルとスンバワ島の純正蜂蜜の組み合わせの石鹸。お肌を保護する働きがあります。しっとりとした使い心地です。
(エッセンシャルオイル使用)

Orange&Ricebran Coconut Soap
バリ島の有機栽培のお米からとれた良質の米ぬかには酵素や保湿成分のオリザブランがたっぷり含まれており、古くなった角質や汚れを落として、お肌を健やかに保ちます。オレンジのエッセンシャルオイルを配合することで、清々しい香りとともに、お肌の再生力を高め、うるおいを与えます。お化粧もすっきり洗い落としますので、メイクアップ落としとして使用いただけます。ウォータープルーフマスカラなども2度洗いで落とせます。
(エッセンシャルオイル使用)

Honey&Cream Coconut Soap
お肌をつややかにするスンバワ島の純正蜂蜜とココナッツクリームを配合したクリーミーな石鹸です。ブラットワンギ社のベストセラー石鹸です。
(無香料)

Orange&Pawpaw Coconut Soap
古くなった角質を取り去るパウパウ(パパイヤ)のパパイン酵素をたっぷり含んだオレンジの香りのフルーツ入りココナッツ石鹸です。
(エッセンシャルオイル使用)

Orange&Yoghurt Coconut Soap
お肌のきめを整えるヨーグルトを配合した爽やかなオレンジの香りの石鹸です。日焼け後のお肌に特におすすめです。
(エッセンシャルオイル使用)

Cocoa Butter Coconut Soap
高級チョコレートの原料として,ヨーロッパに輸出されているジャワ島の最高級カカオバターを石鹸生地にたっぷりと配合した贅沢な石鹸です。高い保湿効果が期待できます。2010年、レシピをリニューアルして、カカオパウダーとシナモンパウダーのマーブル模様を加えました。しっとりした質感と天然の甘い香りをお楽しみ下さい。
(無香料、スパイス使用)

Black Rice Coconut Soap
バリ島産の黒米のパウダーを配合した無香料の石鹸です。黒米は古い角質をやさしく取り除きます。非常にもこもこした豊かな泡立ちをお楽しみいただけます。乾燥肌、敏感肌の方に特にお勧めです。
(無香料)

Brown Sugar Coconut Soap
保湿効果の高い、パーム椰子から取れる砂糖と、きび砂糖を精製する際に得られるモラセス(糖蜜)を配合しました。とてもしっとりとした使い心地です。
(無香料)

工房でしか手に入りません!限定ソープもいろいろ

定番ソープ以外にも、このリボンが付いたラッピングのソープたちは、工房でのみ販売される限定ソープ。その時々によって異なるアイテムが並ぶので、こちらのチェックもお忘れなく!

シャンプー・バーも人気

洗髪用ココナッツ・ソープ「シャンプー・バー」も実は人気のアイテム。バリで昔から洗髪に使われていたハーブを配合したもので、100%天然成分でできているため地肌や髪に優しいと、愛用者が多いそうですよ。

Patchouli Coconut Shampoo Bar
深く渋い香りが特徴のパチュリーはインドネシア原産のしそ科のハーブで、髪にこしと弾力を与え、しなやかにします。
(エッセンシャルオイル使用)

Hibiscusleaf&Peppermint Coconut Shampoo Bar
髪をつややかにし、気分をリフレッシュさせるハイビスカスの葉から抽出した成分と殺菌効果の高いペパーミントのハーブとエッセンシャルオイルを加えました。
(エッセンシャルオイル使用)

それ以外にこんなアイテムも

切り落とし

切り落とし

ランドリー・ソープ

ランドリー・ソープ

ゲスト・ソープ・セットはお土産に

ゲスト・ソープ・セットはお土産に

厚生省から認可された確かな品質

これが認可番号

これが認可番号

最後に触れておきたいのが、「ブラット・ワンギ」のソープは全てインドネシア厚生省から認可されたものであるということ。「何を当たり前な~」と思われるかもしれませんが、バリで流通しているソープは不認可のものも多いのが現状。またインドネシアの薬事法では手作り石鹸は化粧品に分類され、「ブラット・ワンギ」は化粧品の製造及び流通許可がされた工房。安心してご使用いただけます。

「ブラット・ワンギ」の成り立ちやそれぞれのアイテムまで詳しくご紹介してきましたが、これだけじっくりとお話しをうかがい、ナビも今まで以上に愛着が沸いてきました。肌のタイプや天候、そしてその日の気分でいろいろと使い分けて、バス・タイムをエンジョイしてみてはいかがでしょう?以上バリ島ナビでした、サンパイ・ジュンパ~!

記事登録日:2011-08-26

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    yuka77

  • photo

    yuka77

  • photo

    yuka77

  • photo

    yuka77

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-08-26

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

バリ島でナチュラル・ソープを探そう!

バリ島でナチュラル・ソープを探そう!

お土産にも自分用にも大活躍のナチュラル・ソープをゲットしよう!