バリ島チョコレート特集

バリにはカカオの木がたくさん自生しています。そんなカカオの産地だから味わえる本物のチョコレートをご紹介します!

アパ・カバール、バリ島ナビです!海外旅行のお土産といえば、チョコレートが定番ですよね。どこの国に行っても、その国の名所なんかがプリントされたパッケージのものがあり、もちろんバリ島にもあるのですが、味はイマイチ…。しかし!バリ島はチョコレートの原材料・カカオの産地なんです!大量生産されたチョコレートはあまりオススメできる味ではありませんが、本場カカオをた~っぷりと使ったなんとも贅沢なチョコレートもいっぱいあるんですよ。今日はそんなバリ島ならではのチョコレートをいろいろとご紹介しましょう!

カカオの実とチョコレートの作り方

カカオ・ポッドと呼ばれるカカオの実

カカオ・ポッドと呼ばれるカカオの実

カカオの実は、テオブラマという学名で、神様の食べ物といういう意味があります。疲労回復やエネルギー源となることは広く知られていますが、それ以外にもカカオ・ポリフェノールには抗酸化力があり、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などが含まれています。
バリでは中部や山間部に多く自生していて、現在ではオーガニック・チョコレートやロー・チョコレートとしていろいろなブランドが生まれています。
収穫されたカカオの実は、カカオ・パルプと呼ばれる果肉を付けた状態で約1週間発酵させます。発酵させたカカオの実は、天日干しを経て焙煎され、殻を剥いた後にパウダー状にして、様々な製品となります。
こんな風に枝と幹に実ります

こんな風に枝と幹に実ります

この白いフワフワとした果肉の中の種子がチョコレートに

この白いフワフワとした果肉の中の種子がチョコレートに

天日干し

天日干し

ロースト

ロースト

細かく砕いた状態のカカオ・ニブ

細かく砕いた状態のカカオ・ニブ

ビッグ・ツリー・ファーム・バンブー・チョコレート・ファクトリー

ウブド近郊のシバン・グデにある『ビッグ・ツリー・ファーム・バンブー・チョコレート・ファクトリー』は、バリの高品質なチョコレートを扱うショップとしては最大手。バリ島西武のカカオ農家と提携し、彼らの生産するカカオの品質向上や海外への販売経路の確保など、様々なサポートも行っています。
迫力のあるバンブーの工場兼オフィスでは、チョコレートの製作工程を見ることができるツアーが月曜~金曜の14時から行われていて、こちらも人気。シーズンであればカカオ・ポッドからの加工を見るツアーも開催されています(予約をオススメします)
ビッグ・ツリー・ファームのチョコレートは、品質の高いコールド・プレス製法で作られたロー・チョコレートがメイン。カカオ本来の味が楽しめるダーク・チョコレートはばら撒き土産にもピッタリ。チョコレート好きさんには、たっぷりサイズのロー・カカオ・ニブを自宅用にするのもいいですよ~!試食もできるので、あれこれと試してみてくださいね。チョコレート製品以外には、ココナッツのプロダクトにも力を入れているので、是非一緒に。
工場内。ここでチョコレート・ツアーが

工場内。ここでチョコレート・ツアーが

3Fの販売コーナー

3Fの販売コーナー

コールド・プレスのダーク・チョコレート

コールド・プレスのダーク・チョコレート

ロー・カカオ・ニブは止まらない美味しさ!

ロー・カカオ・ニブは止まらない美味しさ!

カカオ・パウダーやチョコレート・ドリンクなども

カカオ・パウダーやチョコレート・ドリンクなども

ポッド・チョコレート・ファクトリー&カフェ

サンゲーの森近くにあるバリ・エレファント・キャンプ内に2013年にオープンしたチョコレート・カフェ。ローカルのカカオ農家をサポートしつつ、カカオの産地でのチョコレート作りをコンセプトにスタートしました。店内にはローカル・カカオを使用した本格的な チョコレートがズラリと並び、品揃えの豊富さと可愛いデザイン&ラッピングに興奮しちゃうくらい!カフェでチョコレートを楽しめるだけでなく、製造工程も見れるし、実際にチョコレートを自分で作ることができるチョコレート・ツアーも開催されています。ダーク・チョコレートとミルク・チョコレートの二種類から選択し、好みのトッピングを。ロケーションは観光地から離れているものの、是非ドライブ がてらに寄ってみては。ラフティングやエレファント・サファリも一緒に楽しむことができますよ。クタのサンセットロードにショップもあり。
カフェ内部。奥にショップが

カフェ内部。奥にショップが

チョコレート作りの工程を説明してくれます

チョコレート作りの工程を説明してくれます

手作りチョコレートに挑戦!

手作りチョコレートに挑戦!

好みのトッピングを

好みのトッピングを

出来上がり~!

出来上がり~!

チョコレート・ファクトリー

オーナーの名前をとって『チャーリーのチョコレート・ファクトリー』とも呼ばれるバリ島東部カランガッセムにあるチョコレート・ファクトリー。ビーチ沿いの気持ちのよいロケーションに、ナチュラル・ソープ「アイランド・ミスティック」の工房と一緒にあるこのチョコレート工房で は、バリで取れるカカオをシンプルな工程で作りあげる「ロー・チョコレート(無精製のチョコレート)」を作っています。ソープと同様にオーナーのこだわり がいっぱい詰まったチョコレートは市販のものとは違って濃厚でカカオ本来の味が詰まっています。工房では制作工程を見たり、試食も可能です。
現在では、そのユニークな建物と、敷地内に設置された海に向かったブランコが大人気で観光スポットとして遊びに訪れるビジターも多く、特に週末や祝日には大賑わい。小さなカフェもオープンして、気持ちのいいスペースでチョコレート・ドリンクなどを楽しむこともできますよ。
チョコレート工房

チョコレート工房

オーガニック・カカオを使用した製品がいろいろ

オーガニック・カカオを使用した製品がいろいろ

試食もできます!

試食もできます!

大人気のブランコは順番待ちをすることも

大人気のブランコは順番待ちをすることも

カフェもオープンしました

カフェもオープンしました

ナチュラル・ソープも

ナチュラル・ソープも


3ヶ所のチョコレート・ファクトリーをご紹介しましたが、どれもそれぞれの個性があってチョコレート好きさんには楽しめるのでは。バリで収穫したオーガニックのカカオを使ったチョコレート、どれもこれもスーパーで並んでいる市販のものとは違って、本格的な味で、なおかつバリの天然塩入り、クコの実入り、ニブ、シロップとその種類もいろいろ。是非お土産探しついでに足を運んでみてくださいね~!以上バリ島ナビでした、サンパイ・ジュンパ~!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-07-20

ページTOPへ▲

その他の記事を見る