スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

動画で楽しむバリ島~グルメ編

バリのおいしいご当地グルメを動画で見てみよう!

アパ・カバール、バリ島ナビです!旅の楽しみと言ったら、それはもう美味しいローカル・グルメは外せませんよね!もちろんバリも美味しいものいっぱい!日本人の味覚にもピッタリ!ということで、特にリピーターさんは、まだあまり知られていないグルメ・スポットを探すのが楽しみ♪という方も。
ビギナーさんも、きっとバリに来たらインドネシア料理、バリ料理のと・り・こ!でも、写真で見ただけじゃあ一体どんな料理なのか、どんな風に調理されるのか、ちょっと気になるところですよね。
そんなビギナーさんのために、今回は動画でバリ島グルメをちょこっとご紹介してみたいと思います。リピーターさんは、バリの雰囲気を思い出しながらバリ島グルメ・シーンに浸ってみてくださいね♪

トップ・バッターは、バリといえば!のナシ・ゴレン

こんな風に、野菜は最初からカットされているところも多い。ソース類もたくさん!
バリ島旅行でこれを食べない、という人はきっと皆無だろうと思われる『ナシ・ゴレン』。ナシ・ゴレンは強力な火力で大きな中華鍋を振りながら、ガンガン炒められるのです。独特の真っ赤な色を作り出すソース類の大量投入!ほかほか湯気が上がった状態でテーブルにやってくるナシ・ゴレン。そりゃあ美味しいに決まってますよね!
まずは、ごはんにソースをかけて混ぜてから炒めます

まずは、ごはんにソースをかけて混ぜてから炒めます

唐辛子もたっぷり!

唐辛子もたっぷり!

強火でガンガン炒めます!

強火でガンガン炒めます!

これぞナシ・ゴレン!な真っ赤な色に仕上がりました

これぞナシ・ゴレン!な真っ赤な色に仕上がりました

完成~!

完成~!

【バリ島グルメ】ナシ・ゴレンは火力が命!

庶民の味方、ナシ・チャンプル

ズラッと並んだナシ・チャンプルのおかず

ズラッと並んだナシ・チャンプルのおかず


ナシ・ゴレンやミー・ゴレンなどの一品料理は『ナシ・ゴレン一つ!』でオーダーできちゃいますが、もしかしたら、それよりも簡単に、時としてはそれよりも難しいかもしれないのが、ナシ・チャンプル。ナシ・チャンプルとは、白ごはんにいろいろなおかずが盛られた『幕の内弁当』と現地の人が呼ぶ日常的に口にする庶民の味。おかずは作り置きのものを持ってくれるので、時間のない時にもピッタリだし、いろいろな料理を試してみたい人にもオススメ。
ナシ・チャンプルのワルンにはいろいろなスタイルがあります。値段が決まっているワルン、好きな値段を言うとその分だけ盛り付けてくれるワルン、そして好きなおかずを好きなだけ選んでその合計金額を支払うワルン。
最初はちょっとドキドキするかもしれないけど、実際チャレンジしてみると、言葉が通じなくても身振り手振りでどうにかなるもの!心配せずに、どんどんオーダーしてみましょう!
これとこれと…と指差しでオーダー

これとこれと…と指差しでオーダー

いっただっきま~す!

いっただっきま~す!

【バリ島グルメ】バリの庶民の味といえば、ナシ・チャンプル!

ビーチ・グルメはインドネシア~ンな春巻き、ルンピア!

ビーチのルンピア売りはこうやってまわってます

ビーチのルンピア売りはこうやってまわってます

ローカルのビーチエリアの定番グルメといえば、ルンピア!インドネシアの揚げ春巻きのこと。海水浴を楽しむついでに、あっちでもこっちでもルンピアを頬張る人が。ルンピア売りは、頭にルンピア入りのケースを載せて、『ルンピア~ルンピア~』と言いながらビーチを回っています。手を挙げて呼ぶと、その場でケースを下して、チョキチョキハサミで切って、ソースをかけて、手渡してくれます。ビーチのお手軽定番グルメです。
呼ぶとケースを下してその場でチョキチョキ

呼ぶとケースを下してその場でチョキチョキ

中身はルンピアとタフとテンペ

中身はルンピアとタフとテンペ

ハサミでチョキチョキっと

ハサミでチョキチョキっと

ソースと唐辛子をかけて

ソースと唐辛子をかけて

出来上がり~!

出来上がり~!

【バリ島グルメ】ビーチで食べるお手軽グルメのルンピア!

キング・オブ・ストリート・フード、バクソ!

みんな大好きバクソの屋台

みんな大好きバクソの屋台

ちょっと小腹が空いた時、いや、小腹が空いてなくても食べたくなるローカルにこよなく愛されるストリート・フード、それはバクソ!インドネシア版肉団子スープです。バクソのカキリマ屋台は、チンチンチンとお椀を鳴らしながらまわっていて、その音を聞くと『バクソ~~~!』と大声で叫んで呼び止めるんです。
元々はクリア・スープのバクソですが、ここにた~っぷりとソースやケチャップをかけて、どっぷりと濃い色にしてから食べるのがインドネシア流。自分でかけたり、かけるかどうか聞いてくれることもあるけど、何も聞かずに勝手にどっちゃりとソースをかけられることも日常茶飯事。ソースを入れたくない場合は先に言うことをお忘れなく。
バクソ、揚げワンタン、春雨、キャベツなど

バクソ、揚げワンタン、春雨、キャベツなど

あつあつのバクソがいっぱい!

あつあつのバクソがいっぱい!

スープをかけて出来上がり

スープをかけて出来上がり

さらにこのソース類をたっぷりと

さらにこのソース類をたっぷりと

こんなに濃い色に

こんなに濃い色に

【バリ島グルメ】みんな大好き!おやつ代わりにバクソ

夜のおやつ、マルタバッは見ているだけでも面白い!

夜になると街のあちこちに出てきます

夜になると街のあちこちに出てきます

バリには夜になると道端に登場する屋台がいろいろ。その代表格といえば、揚げ物いろいろのゴレンガン、インドネシアのお好み焼きと言われるマルタバッ、半分におったホットケーキのトゥラン・ブラン。その中でもマルタバッは見ているだけでも面白いんですよー。おやつといっても甘くはなく、元を辿ればインドが発祥だとか。生地を伸ばして、その上に卵液に具を入れたものを流し込んで織り込んでいくんです。食べる時は青唐辛子を齧りながら。バリの夜はマルタバッで!
折りたたんだ生地を、油で揚げ焼きに

折りたたんだ生地を、油で揚げ焼きに

こんがりいい色♪

こんがりいい色♪

食べやすい大きさにカットしてくれます

食べやすい大きさにカットしてくれます

サンバルをつけて、唐辛子をかじりながらいただきます

サンバルをつけて、唐辛子をかじりながらいただきます

【バリ島グルメ】夜のおやつはマルタバッで決まり!


バリ島グルメを動画でいろいろとご紹介してみました。なんともアジアっぽい雰囲気でしょ~!?皆さんもバリ旅行の際には実際にチャレンジしてみてくださいね♪以上バリ島ナビでした、サンパイ・ジュンパ~!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-11-11

ページTOPへ▲

その他の記事を見る