スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

【保存版】海外ひとり飯、ひとり飲み~バリ島編~

もしバリへ一人旅できたら、もしバリで一人の時間に食事やお酒を飲むことになったら、そんな時はここがオススメ!バリのお一人様事情をご紹介~!

アパ・カバール、バリ島ナビです!人気ビーチ・リゾートのバリ島へは、一人旅で訪れる方もたくさんいらっしゃいます。また、誰かと一緒の旅行だったとしても、時として一人で過ごす時間ができる時も。そんな時に一人でも気楽に食事やお酒が楽しめる場所ってどこだろう?と気になるお一人様のために、今日は一人でもバリで食事やお酒を楽しめるコツを皆さんにご紹介したいと思います!

結論から言います…、バリはひとり飯ひとり飲みパラダイス!

まず最初に、バリはお一人様パラダイスでございます!庶民的な食堂も、街のレストランも、高級ダイニングであっても、一人だからと気にする必要は全くありません!リゾート地だから、一人で食事する人なんていないんじゃ…と思うかもしれませんが、バリはものすごくリピーターが多く、その中には一人でやってくる人もたくさんいるんです。それにバリに住んでいる外国人の長期滞在者もたくさん。旅行者がレストランで一人で食事をするのは、ごくごく当たり前の風景なのです。
ナビは日本に住んでいた頃からバリに来てしばらくは一人で外食するのが苦手だったんですけどね、バリに住んでからはだんだん一人ごはんも普通にできるようになりました。それも多分環境のせいもあるんじゃないかな。
それから、フレンドリーなバリの人々は一人でお店に入るといろいろと話しかけてくれたりすることも。まぁ、これは好みが分かれるところですが、一人でも、静かに、または楽しく食事やお酒を楽しむことができます。
とはいえ、バリでの一人飯・一人飲みのコツを少しばかり。
オシャレなカフェでゆっくりと過ごす一人の時間も オシャレなカフェでゆっくりと過ごす一人の時間も

オシャレなカフェでゆっくりと過ごす一人の時間も

インドネシア料理でも、カフェでも、どこでも一人で大丈夫! インドネシア料理でも、カフェでも、どこでも一人で大丈夫! インドネシア料理でも、カフェでも、どこでも一人で大丈夫!

インドネシア料理でも、カフェでも、どこでも一人で大丈夫!

ひとり飯ならナシ・チャンプルに決まり!

ひとり飯の代表選手といえば、バリの幕の内弁当と呼ばれる『ナシ・チャンプル』でしょう!ナシ・チャンプルは白ごはんにおかずが少しずつ何種類かのったもので、バリの日常的な食事です。お家のごはんもこのスタイルだし、外食をする時でも手っ取り早く食べられるバリ版ファスト・フードと呼んでもいいくらい。
ローカル・ワルンだとおかずが予め作ってあって、好きなものを選んだり、お任せで持ってくれるので出てくるのが早い!サクッと食事を済ませたい時にはピッタリ!
ナシ・チャンプルはローカル・ワルンだけではなく、レストランのメニューとしても一般的。一人ではいろんな料理をあれこれオーダーできないけど、ナシ・チャンプルだったら少しずついろんなおかずを試せるのも、ひとり飯向けのポイント。最近ではインドネシア料理だけではなく、インターナショナルなナシ・チャンプルのステキなカフェなどもどんどん増えてきているので、お好みのナシ・チャンプルを。
実際に料理を見て選べるのもわかりやすい♪ 実際に料理を見て選べるのもわかりやすい♪

実際に料理を見て選べるのもわかりやすい♪

バリ、和食、インターナショナルなどなど、ナシ・チャンプルもいろいろ! バリ、和食、インターナショナルなどなど、ナシ・チャンプルもいろいろ! バリ、和食、インターナショナルなどなど、ナシ・チャンプルもいろいろ!

バリ、和食、インターナショナルなどなど、ナシ・チャンプルもいろいろ!

インドネシア料理はビールに合う!

サテを片手にビールをゴクッと♪

サテを片手にビールをゴクッと♪

さて、ひとり飲みに関しても、ひとり飯と同じく、だいたいどこでも一人で楽しんでお酒をいただくことができます。でもですね、インドネシアはインポートのアルコールにかかる関税が以上に高く、洋酒などは日本で飲むより高いことも。旅行者に一般的なアルコールといえば、やっぱりビール!そしてインドネシア料理はビールに合う!!バリでひとり飲みできるスポットはいろいろありますが、せっかくならインドネシア料理をアテにしてみてはいかがでしょう?バビ・グリンだって、ごはんなしでお肉だけ盛ってもらえば、これまたビールが進みますよ~!
しっかり味のついたインドネシア料理は、ビールにピッタリ! しっかり味のついたインドネシア料理は、ビールにピッタリ! しっかり味のついたインドネシア料理は、ビールにピッタリ!

しっかり味のついたインドネシア料理は、ビールにピッタリ!

バリではまっ昼間から、ガンガン一人飲みも楽しめちゃう!

アルコール・ラバーに嬉しいところは、昼間っからお酒を楽しめるところ。ビーチ・エリアだと、水着姿でビールを飲んでる旅行者の姿も日常的に見かけます。
街のクラブやバーももちろん一人でも楽しめますが、気軽にひとり飲みを楽しむなら、ホテルというのもいいですよー。特に南部リゾート・ホテルでは、プールだけではなくプライベート・ビーチがあるところもいっぱい。お部屋からフラッと出て、ビーチ・チェアに寝そべりながらビールを飲む…なんてちょっとした贅沢ですよね!ホテルによってはバレと呼ばれる東屋スペースが設置されているところもあり、昼間っから一人リゾート気分に酔いしれる…これ最高じゃないですか♪
ホテル以外で、一人で楽しめる南国飲みスポットといえば、やっぱりビーチ!観光地周辺のビーチでは、だいたいどこでもビーチ・パラソルとチェアのセットがレンタルできて、その辺にビール売りのお兄ちゃんや売店があったり。
クタ・ビーチはビーチ手前の木陰から道路までの間に小さなドリンク・スタンドが。レギャンからスミニャック辺りにかけてはビーチ・パラソルがいっぱい立っています。ダブルシックスとディアナプラ通りの間のビーチは、パラソルだけではなく、ビーチにクッションを直置きしたカフェが並び、これもまたオススメ。サヌールは、遊歩道沿いにカフェがズラッと並び、昼も夜もいい雰囲気。ジンバラン・ビーチはイカン・バカールで有名ですが、フォーシーズンズ側のビーチにはレンタル・ビーチ・チェアやドリンク売りがいますよ。お好みの時間帯にお好みのビーチでひとり飲みを楽しんでみてはいかがでしょう。

お一人様でも大丈夫!飲んで食べれるスポット

ちょっとここで、ナビがひとり飯、ひとり飲みするスポットをご紹介しましょう!まずは、ひとり飯なら引き込まれるようについつい足が向いてしまう、チャングーの『チャンプル・アジア』。選べる多国籍料理のナシ・チャンプル。頻繁に料理も変わるのがまた楽しみだし、一皿でタイ風、和風、洋風などミックスできるのも嬉しいところ。アラカルト・メニューもひとり飯にピッタリの、気軽に利用できるデリです。
こんなにたくさんのおかずの中から好きなものをチョイス!

こんなにたくさんのおかずの中から好きなものをチョイス!

お茶は7000ルピアでフリー・フロー

お茶は7000ルピアでフリー・フロー

エアコン・スペースも

エアコン・スペースも


ひとり飯にもひとり飲みにも利用しやすいのが、ジンバランの『ワルン吉田』。ここはバリハイのドラフト・ビールがあるので在住日本人にも飲み処として人気のワルン。お料理もお酒のアテになるメニューがいろいろあるし、ちょっと他では味わえないオリジナル料理もあって楽しい!そして店主・リズミー吉田氏がこれまたステキ♪ひとり飲みで、面白いオジサンと楽しく飲みたい時には是非~。
ドラフト・ビールも♪

ドラフト・ビールも♪

リズミー吉田氏の創作料理で乾杯~!

リズミー吉田氏の創作料理で乾杯~!

お酒のアテにピッタリなメニューいろいろ

お酒のアテにピッタリなメニューいろいろ


ウブドだったら、バリ料理が小さなポーションで楽しめる『ビアビア+』がオススメ!一人でも、あれこれいろいろなバリ料理が楽しめます。自分だけのオリジナル・ナシ・チャンプルをいただくのもよし、アラカルト・メニューをつまみに、ひとり飲みを楽しむのもよし。お一人様でも気軽に利用できるウブドの名店です。
バリ料理タパスも、アラカルトメニューも豊富! バリ料理タパスも、アラカルトメニューも豊富! バリ料理タパスも、アラカルトメニューも豊富!

バリ料理タパスも、アラカルトメニューも豊富!


サヌールで飲むなら、一般的な飲みスポットはメイン・ストリートのダナウ・タンブリンガン通りに集中していますが、バイパスから逆に入った場所にあるのがベンケル(修理工場)をコンセプトにした『マン・シェッド』。ハードな雰囲気の店内は広々としていて、夜な夜なローカルや在住外国人が集まるサヌールの飲み処。バイパスからもすぐなので、サクッと寄って、サクッと飲むお一人様も多いし、のんびり店内の雰囲気も楽しむもよし。ローカル価格なのも嬉しい!

バリのひとり飯・ひとり飲みスポットをいろいろとご紹介してきましたが、本当にバリでは一人で食事や飲みに出かけて気を遣う場所ってほとんどないような。自分好みのスタイルで、リラックスしながら楽しめるお気に入りの場所を探してくださいね。以上バリ島ナビでした、サンパイ・ジュンパ~!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-06-03

ページTOPへ▲

その他の記事を見る