スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ミー・ゴレン☆特集

ちょっぴり甘くてニンニクが効いた、みんな大好きなミー・ゴレン!バリ島麺グルメNo.1の人気を誇るミー・ゴレンを大解剖~!

アパ・カバール、バリ島ナビです!バリ島で「ナシ・ゴレン」に並ぶ人気グルメといえば、麺類代表「ミー・ゴレン」に異存のある人は決していないであろう!というくらいにバリ島2大グルメの不動の地位を築いている「ミー・ゴレン」。今日はそんな「ミー・ゴレン」を大解剖してみたいと思います~!

「ミー・ゴレン」とは?

「ミー=麺」と「ゴレン=揚げる・炒める」で「焼きそば」、インドネシア版の焼きそばです。バリではワルンの一品料理として定番メニューなだけではなく、ナシ・チャンプルのおかずのスタンダード・メニューとしてメンバー入りしている「ご飯と一緒に食べるおかず」という役割をも果たし、更には小腹がすいた時にワルンに駆け込み、店先で売られているインスタント・ミーを、具入りまたは具ナシでササッと作ってもらうおやつ的立場まで確立しているバリの人々の食生活に切っても切れない存在感大の麺グルメ、それが「ミー・ゴレン」なのです。

「ミー・ゴレン」の調味料と麺は?

そんな「ミー・ゴレン」は一体どんな調味料で作られるかというと、ナシ・ゴレン同様「チャベ(トウガラシ)」と「バワン・プティ(ニンニク)」、そしてインドネシアの食文化を支えていると言っても過言ではないケチャップ類から。特に「ケチャップ・マニス」という大豆から作られた、甘くてねっとりとしたソースが、「ミー・ゴレン」を食べた時に舌に残る独特の甘みを演出しています。
一般的に使用される乾麺

一般的に使用される乾麺

麺はどうかというと、ローカル・ワルンで使用されるのは、ほとんどの場合は玉子麺の乾麺。スーパーなどでは様々なメーカーから売り出されている乾麺がた~くさん並んでいて、その需要の高さが伺えます。生活雑貨を売るワルン併設のちょっとしたお食事スペースでは、調味料も一緒になったインスタント・ミー・ゴレンをササッと作ってくれるところも。
じゃあホテルやレストランではどうかというと、自家製や、製麺所で作られた生の玉子麺を使うところもあるのですが、先に紹介したインスタントの玉子麺を使用しているところもたくさんあるんですよ。

「ミー・ゴレン」の種類いろいろ

「ナシ・ゴレン」と同じように、基本的に「ミー・ゴレン」の後に続く言葉は具材。「ミー・ゴレン・アヤム」は鶏、「ミー・ゴレン・ウダン」はエビ、「ミー・ゴレン・シーフード」はシーフードが入っていて、いろいろな具材がミックスされたスペシャル・バージョンは「ミー・ゴレン・スペシャル」や「ミー・ゴレン・イスティメワ」、「ミー・ゴレン○○」とお店の名前を付けてあることもあります。

さぁ、それではバリ島の「ミー・ゴレン」をいくつかご紹介していきしましょ~!

【ミー88】 ミー・ゴレン(2万3000ルピア+10%)

バリのヌードル・ショップといえばここが真っ先に思い浮かぶ方も多い、旅行者にも気軽に利用できることで人気の「ミー88」。汁麺のメニューやアラカルト・メニューも豊富ですが、ミー・ゴレンももちろん定番の人気メニュー。平たい麺にはザックリと切られた青菜やニンジンや白菜がた~っぷりと入っていて、エビとチキンもゴロゴロ入ったボリューム満点の一皿です。

【ワルン・プチェノガン・ジャカルタ】 ミー・ゴレン・バビ(23000ルピア)

バリのチープなチャイニーズ・ワルンとして名を馳せた「ワルン・プチェノガン・ジャカルタ」のミー・ゴレンは、ウダン(エビ)、バビ(豚)、アヤム(鶏)、シーフードの4種類。その中でも特にナビがオススメなのは、「ミー・ゴレン・バビ」。太めの玉子麺にはた~っぷりとケチャップが絡められていて、しっかりめの味付け。青菜、キャベツ、ネギ、玉子に加えて豚肉が、甘味もあるのにどことなく日本の焼きそばを連想させます。

【ルムット】 ミー・ゴレン・スペシャル(6万5000ルピア)

雰囲気も味も良いレストラン、サヌールの「ルムット」のミー・ゴレンはナシ・ゴレン同様アヤム・ゴレンやサテなどもついたスペシャルな一皿。見た目にも豪華で、ボリューム満点なのに、控えめな味付けでパクパクと口に進みます。そしてミー・ゴレンの上にのった目玉焼きが、やっぱり嬉しいんですよね~!一皿でいろいろと楽しめるので、ミー・ゴレン・デビューにもオススメです。

【ビク】 ミー・ゴレン(3万ルピア)

クロボカンのオシャレなカフェ「ビク」にもミー・ゴレンはありますよ~!野菜もたっぷり入ったミー・ゴレンはサッパリ目の味付け。サンバルやチリの入ったお醤油で自分好みの味にできます。た~っぷりとかかったバワン・ゴレン(エシャロットのフライ)を混ぜて食べると、おいしさがより一層アップ!

「イゲランチャ」 ミー・ゴレン・チキン(2万1000ルピア)

欧米人旅行者にも人気のカジュアルでキュートな「ワルン・イゲランチャ」はヌードル・メニューも評判がいいんですよ~。細めの麺には程良く野菜とエビ、チキンが入っていてバランスが良く、リピートしたくなる味。ピーナッツのトッピングがアクセントに。

お土産にも、自分用にも買って帰りたい「ミー・ゴレン」

ナシ・ゴレンのインスタント・スパイスに次いで人気のお土産は、もちろんミー・ゴレン!チープな値段ももちろんのことながら、バリでハマッたあの味を日本で楽しんだり、お友達にも味わったりしてもらいたいですよね。調味料もセットになったインスタント・ミー・ゴレンはいろいろな種類が出ていますが、その中でも特にポピュラーなのが「インドミー」と「ミー・スダップ」。そしてカップ・タイプのものもあるので、いろいろ試してみて下さいね!

バリでは大人から子供までみんな大好きな「ミー・ゴレン」、日本の焼きそばとは違ったあの甘味がクセになっちゃうんですよね~!旅行中にいろいろ食べたい料理はあるでしょうが、もちろん「ミー・ゴレン」は外すべからず!ホテルで、レストランで、ワルンで、挑戦してみて下さいね~。以上バリ島ナビでした、サンパイ・ジュンパ~!




上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-04-14

ページTOPへ▲

関連記事

ナシ・ゴレン☆特集

ナシ・ゴレン☆特集

バリに来たならやっぱりこれ、ナシ・ゴレン!あんなナシ・ゴレン、こんなナシ・ゴレン、いろいろご紹介しましょ~!

その他の記事を見る