スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

10円から買える!バリ島のお土産大集合!

友人へのお土産や自分用のお土産、そしてチープなものからちょっと気のきいたものまで一挙にご紹介します!

こんにちは~!バリ島ナビのバリ子です。
旅行に行くと必ず買うのが「お土産」。一目ぼれで衝動買いをすることもあれば、なかなか気に入るものが見つからなくてあれこれ悩んでしまうこともありますよね。バリ子は毎年日本へ帰国しているのですが、お土産にはやっぱり毎年頭を悩ませています。定番アイテムもあれば、「去年はあれをあげたから、今年は何か違うものを…」と考えたり、「あの人はきっとこんな感じのものが好きだろうな~」といろいろと手を変え品を変えてお土産選びに精を出しているワケです。

バリに住んでいると、リピーターの友人が日本からいろいろ買い物をしてきてくれたり、おいしいものを持ってきてくれたりするのがとっても嬉しいんですよね。逆に、日本に住んでいるバリ好きの友人はバリにほしいものがあるワケで、バリ子は毎年帰国前に友人にメールで買い物リクエストのお伺いをして、運び屋になります。日本に戻る時にはどうせスーツケースは空っぽなので、遠慮なしでどんどんリクエストしてもらい、ほぼお土産のみのスーツケースを連れての帰国が恒例。

今年も帰国を前にして日本の友人達からいろいろとリクエストが届き、仕事の合間をぬって買い物に走りまわり、全部揃ったのは帰国前日、ほぅ~。後は荷物を詰めるだけ!という状態になりました。今日はそんなバリ子のスーツケースの中身を、芸能人気分で皆さんにご紹介したいと思いま~す(笑)

まずはバリ雑貨から

ビーズのポーチ 1万5000ルピア~(ウナギ)
バリ土産の定番とも言えるビーズ雑貨から、今回は小銭入れサイズのポーチを何種類か。色もサイズも豊富で、女の子へのばら撒き土産にピッタリ!

アルミニウム・ボックス 2万5000ルピア(ウナギ)
「ボゴール」と呼ばれるお祈りの際にお供え物をのせる入れ物、その他にも聖水を入れるポットなど、バリ・ヒンドゥー教で使われる小物のモチーフを生かして作られた小物入れ。バリっぽさがあります。最近ではごみ箱やブック・スタンド、ティッシュ・ケースなど、新しい種類がどんどん増えています。

アカールワンギ・ボール 2万5000ルピア(ウナギ)
「アカール・ワンギ」とは良い香りのする植物の根っこ。アカール・ワンギを使って作られたランチョン・マットやバッグはバリ土産の定番ですが、最近人気なのは、アカール・ワンギをボール状にしたもの。お部屋のインテリアに使えますよ~。

スポンジ・ジュプン 2万ルピア(ウナギ)
こちらも定番。ヘア・クリップからお花だけのものまでいろいろあって、日本でもバリの風を感じられるディスプレイに活躍します。

お祈り人形 1万5000ルピア(ウナギ)
バリの置物の定番と言えば、古くはバロンやガルーダなど、コテコテのものが主流でしたが、最近はこのお祈り人形が人気。バリらしさいっぱいだけど、なかなかオシャレでしょ?

ミニ・ウンブルウンブル 1万ルピア(ウナギ)
お寺のお祭りやめでたい行事に立てるバリ版ノボリのミニチュア版。これはバリ・リピーターでお部屋をバリ風にしている友人に。

ママ・バッグ 25万ルピア(シシ)
バリ土産として、そして自分使い用にも大人気のウブドにある「シシ」のバッグ。定番のグラニー・バッグ以外にもいろいろなアイテムがあるのですが、今回はお子チャマのいるママに、ガッツリ荷物が詰められるママ・バッグを。バリらしいバティック柄やチェックやドットなどのシンプルなものまでお好みで選べます。

お買い物バッグ 2万5000ルピア(ウナギ)
日本でもバリでも、エコ・バッグの定着が進んでいますが、これは昔からバリのイブイブがお買い物の際に使っているバッグ。布製のエコ・バッグが主流ですが、このナイロン製のバッグは、水に濡れても大丈夫だし、少し硬めなので、中に野菜を入れても外からの衝撃もお構いなし!の便利なバッグ。このキッチュな可愛さもたまりません!

ガムラン・ベアー 大 30万ルピア 中 20万ルピア 小 14万ルピア(レスタリ)
大人気の「ガムラン・ボール」をお腹に入れた「ガムラン・テディ」も、バティックを使うとバリ風にこんなに可愛くなるんです!

スレンダン 8000ルピア(ウナギ)
バリの人々が正装の際に腰に巻く「スレンダン」も、バティックやスパンコールのついたものからシルクといろいろなバリエーションがあり、スカーフやインテリアのアクセントとしても使えます。

I LOVE BALI Tシャツ 1万ルピア(スカワティ市場)
バリ好きさんには喜ばれること間違いナシ!?「I LOVE BALI」シリーズも今やTシャツだけではなく、バッグや小物などいろいろなタイプのものが登場。

ココナッツ箸 1万ルピア(エルランガ)
これは以前お土産でプレゼントした友人が、何本か折れてしまったからといって再リクエストされたもの。モチーフつきのものもありますが、このココナッツ箸は和風食器にもマッチして、なかなか使い勝手が良いですよ。

お次はアロマ・グッズいろいろ

クリームバス 680g 2万8000ルピア(ラジャワリ)
「クリームバス」と言えば、スパで大人気のメニュー。このクリームさえあれば、日本でも手軽にクリームバスを楽しむことができるので、リクエストの多いアイテム。今回もガッツリとリクエストされました。

エリプス 6個入り 1万500ルピア(ラジャワリ) 50個入り 3万8815ルピア(カルフール)

女子人気爆発!シャンプーの後に髪につけるだけでツルツルになっちゃう!リピーターさんからは50個入りのリクエスト。そしてお友達には6個入りをお試しで。プレゼント用にボックス入りのものもあって便利ですね。

センセイシャ 25g 55セント
バリのナチュラル・ソープの中でも特に品質が良いと評判の「センセイシャ」のミニ・ソープ。25gの小さなものをいくつか組み合わせてお土産に。

練り香 4万ルピア(アラム・センポール)
香りをワックスで練り固めたアラム・センポールの「練り香」は在住者にも人気のアイテム。ナチュラルな香りがほのかに優しく体を包み込みます。

ローズ・フェイス・トーナー 9545ルピア(ハルディス)
インドネシアのコスメ・メーカー「ムスティカ・ラトゥ」のローズ・ウォーターを使った化粧水。いろいろなラインがあるのですが、これはスーパーにも並ぶ気軽に使えるシリーズ。バラの香りを楽しみながら、たっぷりと思いきって使えるのがポイント。

ナトゥール・シャンプー 8050ルピア~(カルフール)
インドネシアに伝わるナチュラルなハーブなどを使用して作られる「ジャムー」のシャンプー。フケ用、抜け毛用などあり、シャンプーの他にトニックなどもあります。

そしてもちろん食べ物も忘れてはいけません!

バリ・チョコレート 1万4500ルピア~(ビンタン・スーパーマーケット)
定番中の定番、バリ・チョコレート!他のお土産と組み合わせたり、会社などの大人数にばら撒くには外せないアイテム。

インスタント・ミーゴレン 1160ルピア~(カルフール)
日本の焼きそばより少し甘めの味がクセになるミー・ゴレン。これも日本で食べたくなる味ですよね。

インスタント・スパイス 
ナシ・ゴレンからガドガド、そしてスパイスをふんだんに使ったインドネシア料理も、このインスタント・スパイスがあれば日本でも簡単に作れちゃう!値段もチープなので、大量に買って帰りたいアイテムです。

コーヒー各種
バリと言えば「コピ・バリ」(右 250g 1万2900ルピア)!細かく挽いたコーヒーをカップに直接入れてそのままお湯と混ぜて飲むのは、慣れないと粉っぽさが気になりますが、クセになってしまいますよね。それ以外にも、ジャワ島のアマン・ジウォでも味わうことのできる「アロマ・コーヒー」(中 1万9400ルピア パパイヤ)や手頃な値段の「コピ・ルアック」(左 2万3400ルピア パパイヤ)など、好みでいろいろとチョイス!

サリ・ワンギのゴールド・セレクション 6250ルピア(カルフール)
お茶の産地でもあるインドネシアでポピュラーなサリ・ワンギ社は、リピーターの皆さんにも有名ですが、「ゴールド・セレクション」なるものが登場!10個のティーバックで1ボックスなのですが、1つ1つがきちんとアルミ・パックで包装されているだけではなく、6つの味(バニラ、アップル、オレンジ、グリーンティ、ジャスミンティ、ブラックティ)のフレーバー・ティで、パッケージも可愛い!これはばら撒き土産に最適ですよ~。最近では6つのフレーバーがセットになったパッケージもあり、単品で買うよりも高級感が増して、こちらもお土産用にピッタリです!

クサンバの塩 5000ルピア/1kg
毎回必ずリクエストがあるのが、クサンバの天然塩。ミネラルが豊富で甘みがある大粒のお塩は味の違いがハッキリと分かるほど。

ABCサンバル 3650ルピア(ビンタン・スーパーマーケット)
バワン・ゴレン 1万2790ルピア(カルフール)
ちょっとかけるだけで、インドネシア風味になっちゃうサンバルとアクセントになるバワン・ゴレンも忘れてはいけませんね~。

トゥプン・ブンブ(味付き唐揚げ粉) 3910ルピア~(ハルディス)
こちらはお料理好きの友人からのリクエスト。以前バリで買って帰ったら、とってもおいしかった!ということで、ちょっと多めに。粉に味が付いているのですが、辛味の強い「プダス(pedas)」などもあって、いろいろ試してみたくなりますね。

モンゴ・チョコレート 2万8000ルピア(パントリー)
バリ子お気に入りの「モンゴ・チョコレート」はインドネシアで市販されているチョコレートとは違って混ざり物がなく、ナチュラルな風味が少し懐かしさも感じる1品。パッケージが可愛いのもお土産にはピッタリです。

テンペ・チップス 1万ルピア(パントリー)
健康食として注目されている「テンペ」をお菓子風に薄くカリカリのチップス状にしたもの。チキン味やBBQ味のものもあります。

1つ1つご紹介してみると、案外たくさんないような気がしてくるのですが、実際のところは23kg越え(汗)今年も日本で待ってる皆のために、せっせと運んで来ましょうか。皆の喜ぶ顔が今から楽しみ!では行ってきま~す。

以上バリ島ナビのバリ子でした~!

お土産ショッピングに利用したお店

その他情報

※上記の記載内容は2010年4月のものです。
関連タグ:お土産オレオレバリ雑貨アロマ食品

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-04-30

ページTOPへ▲

その他の記事を見る