スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ホテル 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


エビアン バイウ マンション

Abian Biu Mansion

閉店・移転、情報の修正などの報告

バリゾー、アビアン・ビウに泊まってみました!

クロボカンの奥の細道へ。繁華街を離れ、ウブド的な静かな田園気分を味わえます。

こんにちは!バリゾーです。15年ぶりに訪れたバリ…、どのくらい変わったのか、ガイドブックを開いてみると、聞きなれない地名がゴロゴロ。「スミニャック」「クロボカン」??こんな所には以前はホテルなどなかったはずだぞ、と思っていたら、どうやらすでに何年も前から注目され、高級ヴィラがどんどんできている注目のエリアとのこと。最近は「リゾート探検隊」を標榜するバリゾー、このエリアにも宿泊してみなくては、と画策しました。が、この近辺はヴィラが多く、値段が張るリゾートが多いので、バリゾーにとっては予算オーバー。50米ドル(2008年12月の段階で)以内で、ネットを駆使して候補に挙がったのが「Pelangi」「casa indigo」「Abian Biu」だったのですが、思いっきり田園風景を味わおう、と思って選んだのが「Abian Biu」だったわけです。
「Abian Biu」は地図で確認すると、クロボカンエリアのさらに北側の「ウマラス」という田園地帯にあるようだったのですが、ビーチを離れた田園地帯というのがどんな居心地なのか、ということにも好奇心を感じて、ここにごやっかいになることにしたのです。

交通は不便 but 静かにすごせます

まあ、気を持たせるのもなんなので、まず泊まってみた感想を。施設自体はたいへん快適でした。気持ちよいレストランで朝食をのんびり楽しめましたし、アンティークに囲まれたムードが異空間にいる気分にさせてくれたりして。ただ、ロケーション的に便利ではないのは否めません。バリゾーはバイクを島内の足としていたので、どこに出かけるのにも自由自在でしたが、それでもまず、この宿を捜すのに苦労しましたし、ここからのランドマークとなるオベロイ通りとクロボカン通りの交差点でも、バイクで5分以上かかるくらいなので、一度宿に入ったら繁華街まで行くのが億劫になる感じです。
到着するのが夜だったら、タクシーの運転手でも見つけにくいかな、というような、田んぼの中の一軒やです。看板も小さいので、できることなら、明るいうちにチェックインしましょう。
この地図をチェックしていきましたが、あまりあてになりません。あしからず。入口も地味なので、見過ごさないように!

この地図をチェックしていきましたが、あまりあてになりません。あしからず。入口も地味なので、見過ごさないように!

スタッフはたいへん親切です。小さなレセプションを抜けると、お庭が広がっています。ホテル名がバリ語で「バナナの庭」というだけあり、敷地内はうっそうとした南国植物で囲まれ、宿泊棟以上に庭が充実している、といった印象。2階建ての宿泊棟を突き抜けると、ちょっと一段小高くなった場所に、プールとレストランがあります。このレストランの2階部分から見た景観が、このリゾートのもっとも見晴らしのいい場所だったでしょうか。

この女の子が厨房担当で、ウェルカムドリンクなどを運んでくれました。男の子は、カワイイ子が多いです。

客室情報

バリゾーの客室は下の階でしたが、室内は十分広くて、蚊帳つきのベッド(実はこの映像に魅かれてこの宿に決めたのですが)があり、アンティークなソファなどに囲まれ、さらにテラスつきと、ひととおりはそろっています。カントリーサイドだけあり、他の客にも気にすることなく、静かでのんびりできるレジデンス、といった趣きです。
調度品は、画像に収めるとたいへん絵になる構図のものが多かったような気がします。これもオーナーの狙い?
2階にある別室も見せてもらいました。簡易キッチンが付いた長期滞在用のようでした。
インテリアには中国風のアンティークが多かったので、うすうす感じましたが、聞くとオーナーは華僑系のインドネシア人とのこと。彼に直接会って案内してもらいましたが、この庭やインテリアなどは、全て彼の好みでまとめたものだそうです。
クローゼット、ドアに至るまでアンティーク。カギは南京錠、というのもユニークでした。 クローゼット、ドアに至るまでアンティーク。カギは南京錠、というのもユニークでした。 クローゼット、ドアに至るまでアンティーク。カギは南京錠、というのもユニークでした。

クローゼット、ドアに至るまでアンティーク。カギは南京錠、というのもユニークでした。

館内設備

全館ワイヤレスネット設備がととのっていて、レストランでも、客室内でもどこでもネットがつなげたのがよかったです。静かなプールサイドで、別室の客にも鉢合わせすることもなく、のーんびりと過ごせました。 
朝食は洋風とバリ風と選べるのですが、どちらもシンプルです。
スパ設備も完備しています。こじんまりとしていますが、ホテルを出たくない、という方はご利用を。

では、快適な滞在を!バリゾーがお届けしました!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2009-04-03

ページTOPへ