ザ・シャンティ・レジデンス

The Shanti Residence

閉店・移転、情報の修正などの報告

ヌサドゥアの丘の上からインド洋を見下ろせる、ラグジュアリーな5ベッドルーム・ヴィラです。

アパ・カバール、バリ島ナビです!今日はヌサドゥア・エリアにあるプライベート・ヴィラ「ザ・シャンティ・レジデンス」にやって来ました。ヌサドゥアと言えば、バリを代表する5スター・ホテルが立ち並ぶビーチ・リゾートの代名詞!白い砂浜に灼熱の太陽、そして青空に向かってのびるヤシの木…というリゾートの王道たるエリア。そのヌサドゥア・エリアの中心地からセント・レジスやニッコーを通り過ぎ、車で10分ほど進んだ先のまだ観光開発の手が伸びていないサワンガンに「ザ・シャンティ・レジデンス」はあります。5ベッドルームのプライベート・ヴィラで、一組のゲストだけを迎えるために用意された空間とサービス。一体どんな風になっているのでしょうか?早速行ってみましょ~!
ザ・シャンティ・レジデンスに到着です~!

ザ・シャンティ・レジデンスに到着です~!

1組しか泊まれないのに、敷地内にはこんなに広い道が奥まで。

1組しか泊まれないのに、敷地内にはこんなに広い道が奥まで。

ここがエントランス。

ここがエントランス。

ドアを開けると、どど~ん!とこんな景色が。

ドアを開けると、どど~ん!とこんな景色が。

「ホテル・ヴィラ?」と思うくらいにゆったりとした車道を進んで行くと、目の前にエントランスが現れました。そしてドアを開けるといきなりナビの目に飛び込んできたのは、こんな絶景!思わず「キャ~、キレイ!!」とはしゃいでしまいました。重厚なエントランスを抜けて、突然解放感溢れる景色が出てくるこのフェイント。なかなかニクい演出です。
この絶景、ヴィラの中央に位置するプール・ガーデンなのですが、よ~く見て見ると、ガラス張りになっていて、エントランスから一歩足を踏み入れると通路が右と左に伸びています。
右へ行くとダイニング・ルーム、

右へ行くとダイニング・ルーム、

左へ行くとリビング・ルームがあります。

左へ行くとリビング・ルームがあります。

プール・ガーデン

まずはプール・ガーデンで思いっきりパノラミックな景色を満喫してから、ヴィラの中を見ることにしましょう。プール・ガーデンは広々としたウッド・デッキが設置され、所々にくつろげるスペースも設けられていて、なんとも言えないステキな空間!もちろん目の前に広がるインド洋と広大な空もスパーン!と見渡せます。ウッド・デッキでは、インド洋を背にしてウェディング・セレモニーを行ったり、パーティなどのファンクションにも対応しているそう。
プールまわりには広々としたウッド・デッキが。

プールまわりには広々としたウッド・デッキが。

目の前にはインド洋!

目の前にはインド洋!

プールには空と木々が映り込んで、と~ってもキレイ!

プールには空と木々が映り込んで、と~ってもキレイ!

所々にくつろげるスペースも。 所々にくつろげるスペースも。

所々にくつろげるスペースも。

リビング・ルーム&オーディオ・ルーム

プール・デッキだけでも感動してしまい、ぼ~っとしてしまいましたが、中も見ていきましょう!エントランスから入って左側には広々としたリビング・スペース、そしてオーディオ・ルームが。お庭だけでもそうなのですが、この公共スペースも「本当に5ベッドルームしかないんですか??」と疑いたくなるような広々としたスペースがとられています。
パープルのソファが落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。

パープルのソファが落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。

オーディオ・ルームもこんなに広いんですよ~!

オーディオ・ルームもこんなに広いんですよ~!

マスター・ベッドルーム

そしてリビング・スペースの先には別棟でマスター・ベッドルームの「アンバラ」が。
メイン・ビルディングの左側にはマスター・ベッドルームのみ。 メイン・ビルディングの左側にはマスター・ベッドルームのみ。

メイン・ビルディングの左側にはマスター・ベッドルームのみ。

プライベート・リビング

プライベート・リビング

居心地の良いスペースです。

居心地の良いスペースです。

ライティング・デスクも。

ライティング・デスクも。

オフ・ホワイトとダーク・ブラウンを基調に木をふんだんに使ったベッドルーム。

オフ・ホワイトとダーク・ブラウンを基調に木をふんだんに使ったベッドルーム。

バス・ルーム
ウォークイン・クローゼット

ウォークイン・クローゼット

バス・ルームも広々と明るくて快適なバス・タイムが楽しめそう。

バス・ルームも広々と明るくて快適なバス・タイムが楽しめそう。

アウトドア・シャワーもあります。

アウトドア・シャワーもあります。

プライベート・ガーデン
プライベート・プールに、

プライベート・プールに、

プライベート・ガゼボも。

プライベート・ガゼボも。

こんな絶景を独り占め!

こんな絶景を独り占め!

ダイニング・ルーム&キッチン

さぁ、どんどん見ていきましょう!リビング・ルームからプール・ガーデンの向こう側へ行くと、そこにはダイニング・ルームが。中央に大きなダイニング・テーブルが置かれたスペースは、それでもまだた~っぷりとゆとりがあり、ガーデンに面して開口部がふんだんに取られているので室内は明るく、そして景色も思う存分満喫できます。
リビング・ルームは広々として明るく、庭から心地よい風が入って来ます。 リビング・ルームは広々として明るく、庭から心地よい風が入って来ます。

リビング・ルームは広々として明るく、庭から心地よい風が入って来ます。

ウェディングやパーティにも対応可能な大型キッチン。 ウェディングやパーティにも対応可能な大型キッチン。

ウェディングやパーティにも対応可能な大型キッチン。

ゲスト・ベッドルームとジム&スパ

リビング・ルームから外に出ると、そこにはゲスト・ベッドルームとジム&スパがあります。
向かって右の棟にゲストベッドルームとジム&スパがあり、左はジュニア・スイート。

向かって右の棟にゲストベッドルームとジム&スパがあり、左はジュニア・スイート。

これがゲストルーム棟。

これがゲストルーム棟。

1F右にプライベート・ジムが。

1F右にプライベート・ジムが。

リフレクソロジー・チェアも。

リフレクソロジー・チェアも。

そしてその奥にはトリートメント・ルームも。

そしてその奥にはトリートメント・ルームも。


ゲスト・ベッドルームを見ていきましょう。3室あるゲスト・ベッドルームはどれもレイアウトやファシリティはほぼ同じようになっています。
客室内
アカンシャ(2F右側) アカンシャ(2F右側)

アカンシャ(2F右側)

アナンタ(2F左側) アナンタ(2F左側)

アナンタ(2F左側)

アビアン(1F左側)にはプライベート・ガーデンとプールもあります。 アビアン(1F左側)にはプライベート・ガーデンとプールもあります。 アビアン(1F左側)にはプライベート・ガーデンとプールもあります。

アビアン(1F左側)にはプライベート・ガーデンとプールもあります。

バスルーム

ジュニア・スイート(マスター・ゲスト・ルーム)

「アアスタ」と名付けられたジュニア・スイートには、ベッドルームの他にストゥディオ・ルームもあります。5ベッドルーム以上で利用される際に、このスペースをベッドルームとして利用することも可能です。またガーデン・スペースにはプライベート・ジャクジーとガゼボもあります。
独立したジュニア・スイート

独立したジュニア・スイート

ベッドルーム

ベッドルーム

ストゥディオ・ルーム

ストゥディオ・ルーム

プライベート・ガゼボ

プライベート・ガゼボ

プライベート・ジャクジー

プライベート・ジャクジー

サービス

■到着時の冷たいおしぼりとトロピカル・ウェルカム・ドリンク
■朝食
■トロピカル・フルーツ(毎日)
■夕方のターンダウン時にハーブティーのサービス
■イブニング・カナッペ
■24時間バトラー・サービス(英語)
■無料Wi-Fiインターネット接続
■アイロン・サービス(毎日)
■チャングー・クラブ入場無料
■毎日8時間までの無料ドライバー付きカーチャーター(ガソリン代は含まれていません)
■BBQと鉄板焼きの設備あり

「ザ・シャンティ・レジデンス」をじっくりとご紹介しましたが、こんなに広々とした豪華プライベート・ヴィラで、景色も最高だし、いろいろなサービスも揃っているし、特別な時間を過ごせること間違いなし!ですよね~。きっとナビが宿泊したら、ヴィラからほとんど出ずに過ごしてしまいそう…。5ベッドルームですが、3ベッドルームからの宿泊が可能なので、ご家族で、友達同士でと、プライベートな時間を優雅に、誰にも邪魔されずに過ごしてみてはいかがでしょうか?以上バリ島ナビでした。サンパイ・ジュンパ~!

記事登録日:2010-12-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    kabako123

  • photo

    kabako123

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供