コクーン・ビーチ・クラブ

Cocoon Beach Club

閉店・移転、情報の修正などの報告

夜遊びエリア、ダブルシックス通りのビーチ前にオープンしたファインダイニングとビーチクラブをコラボさせた新感覚のレストラン&ビーチクラブ。

こんにちは!バリ島ナビです。今回は今年2010年夏にオープンしたばかりの新スポットコクーン・ビーチクラブにやってまいりました。レストラン、バー&ラウンジ機能にさらに、ビーチクラブというコンセプトを付帯した、バリではかつてないコンセプトで、新しいもの好きナビもワクワクしてます。
ダブルシックス通り沿いをビーチまで突き当たった場所に位置するコクーン。ビーチ側から見ると、真っ白な外観に伝統的なバリのデザインを取り入れた白いパラソルと白いサンベッドがたくさんあり、ひと際、目を引きます。

店内の様子(ダイニング)

コロコロしたかわいいロゴが目印

コロコロしたかわいいロゴが目印

正面入り口に到着しました。ここにはセクシーな水着などコクーンチックなアイテムを販売するショップも入っています。
入口でセキュリティーチェックを受けて、ウェイティングスペースを過ぎると(昼は比較的すいているので、このエリアは素通りです)、細長いすっきりとした美しいダイニングエリア。
その先のバーの周りには、太陽にあたらずにドリンクを楽しみたい人のためのラウンジエリア。こちらも白とブルーとナチュラルブラウンがマッチしてさわやか~。そしてその向こうに見えるのが・・・
コクーンの目玉、ビーチクラブエリアです。

店内の様子(ビーチクラブ)

きゃ~、素敵!ゆったりとしたキングサイズのデイベッドやパラソル付きのサンデッキ、プールの向こう側にはインド洋。実際、スミニャックのビーチは波や潮流も早く危険で泳げるビーチではないので、ここで十分!ヴィラのプライベートプールじゃ、眺めもないけれど、こちらは、オーシャンビュー、さらにはお洒落なチルアウト系BGMが一日中流れ、レベルの高い飲み物やダラダラ過ごしながらつまむタパスもプールサイドで、簡単にオーダーできちゃうのだから。日焼けしたいなら、お昼間は比較的空いているので、大型ホテルのプールサイドで見る光景・・・サンデッキの取り合いに敗れ、サンデッキ難民となることもなし。好きなところを陣取っちゃいましょう。もちろん、どこのデッキやベッドからでもオーシャンビューです。
さらにプールエリアの奥、DJブースの隣りには、4組限定のVIPカバナもあり。こちらはバスタオルも使えて、40万ルピアのお食事やお飲み物を取られた方が利用できるスペース(時間制限あり)。予算的に見ると、ランチしながら、もしくはランチ後に二人だったら、利用できちゃいます。日除けのカーテンもあるので、次回はここを狙おうと心に決めるナビ一行。ビーチクラブにはシャワーと着替えの施設(無料)、レンタルプールタオル(有料)もあります。
ユニークなDJブース

ユニークなDJブース

店内の様子(ルーフテラス)

コクーンは2Fにオープンテラスもあるんです。昼はちょっと暑いけど、ここから目の前のビーチに落ちるサンセットを見下ろすことができます。2F専用のバーもありここではプライベートファンクションもOK。こんなところでパーティーできたらいいな~。
店内&クラブのインテリアを総合してみると、まさに今のバリのトレンドを凝縮した感じ。竹、コロニアルチックなテラス席、白と軽い色のコンビのさわやかな色遣い、バリの伝統を生かしたサンブレラ・・・。今のバリを一番象徴するようなスポットです。

ランチタイム♪

さて、レポートをお食事に戻しましょう。こういった、おしゃれで話題性の高い施設って、お酒片手に人々が集うスポットがコンセプトだから、正直食事は期待できないんですよね。このビーチクラブを使いたいが故に、飲み物と無難なメニューで済ませばいいかなって。
ところが、ところが、コクーンは食事がすばらしい!自称グルメ隊長もレベルの高さに驚きました。
実際、席に着くとテーブルセットアップもファインダイニグクラス。新しい店内できれいなカトラリース・・・昼のちょっと贅沢な時間です。
初めてのレストランだと、一皿の量が分からないので、ひとつの掛け。今回、女子3名で、前菜一皿をシェア、メインを一皿ずつ、デザートで満腹になりました。ただ、メインに関しては、メニューによってかなりボリュームに差があるので、注意です。今回のオーダーは・・・
■前菜―サーモンのサラダ(7万5000ルピア + 16.5%)。ウェイターのお薦めでオーダーした一品は大当たり。ゴロゴロしたサーモンの身が山盛りのサラダで、いい意味で予想外の内容でした。サーモンもミディアムレア、アジアのスパイスを上品に使った一品。ナビもお薦め!
バリのファインダイニングはどこでもパンがつきます

バリのファインダイニングはどこでもパンがつきます

サラダの中身も仕事が細かい。あっぱれ!

サラダの中身も仕事が細かい。あっぱれ!

■メイン―ツナタルタル(7万5000ルピア+ 16.5%) とチキンとミートボール
定番メニューのツナタルタルは揚げたワンタンと半熟うずらの卵と共に。味付けもGood。でもメインというより前菜かな。チキンは絶品。これもアジアンスパイスが絶妙で、野菜もたっぷり。ミートボールはスパイシーでお酒のつまみとしてお薦め。メインとしてはやや、少なかったかな。
■デザート―ジンジャー・アイスクリーム(7万5000ルピア + 16.5%)・クランブルとストロベリーパンナコッタ、そしてチョコレート・カネロン。
これらはどれも目でも下でも味わえるものばかり!ナビは、パストリーよりもテイクアウェイできないスタイルの、ファインダイニングででるデザートが大好き。コクーンのデザートはまさにソレ。味はリッチ、美しい上にボリュームも満点。
アイスがピリカラのジンジャー味。これがおいしい

アイスがピリカラのジンジャー味。これがおいしい

パンナコッタの頂上はバニラビーンスがびっちり。煮詰めたストロベリーの上にはパチパチ弾ける砂糖菓子。耳でも楽しめるユニークな一品

パンナコッタの頂上はバニラビーンスがびっちり。煮詰めたストロベリーの上にはパチパチ弾ける砂糖菓子。耳でも楽しめるユニークな一品

アイスはかなり、甘めでした。パストリーの上の銀紙は食用のシルバー!

アイスはかなり、甘めでした。パストリーの上の銀紙は食用のシルバー!

これに、アイスティー、ミネラルウォーター(エビアン)、食後のコーヒーをつけて、一人の予算が税込で約32万ルピア(2010年11月のレートで3000円弱)でした。お料理自体は安くはないけれど、味も満足だし、これで素敵なプールの施設が使えると(今回の料金ならVIPカバナも1時間使えちゃう)思えば、お得感はまだあります。
ビーチクラブという大きな看板がおしいくらい、料理がおいしいコクーン。まだまだトライしたい料理がたくさんありました。

今回は最新のスポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?どんどん進化を続けるバリにまたユニークなスポットが登場しました。次回は遅いランチして、泳いで、夕日見て・・・のフルコースで利用しにこよ~っと。以上、バリ島ナビでした。

記事登録日:2010-11-19

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:IDR

ツナ・タルタル

Tuna Tartar

7万5000ルピア+16.5%

ジンジャー・アイスクリーム

Ginger Ice Cream

7万5000ルピア + 16.5%

サーモンのサラダ

Salmon Salad

7万5000ルピア + 16.5%

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-11-19

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供